コンボルトタンク

防油堤一体型のコンボルト型地上タンクとは

防油堤一体型の地上タンクは、鋼製タンクを非金属シートで被覆した二重構造とし、更にその外側を15cm以上のコンクリートで保護した、耐火機能を備え、且つ外部からの衝撃にも大変すぐれているタンクです。
また、漏油検知システムが組み込まれており、安心して利用できます。

コンボルトタンクの写真
コンボルトタンク仕組み

コンボルト型地上タンクの特徴

  1. 二重の漏れ防止構造となっているので、油が漏えいした場合の流出防止の防油堤設置を省くことが可能になった。
  2. 工場で完成品となり届けられるので、据付が簡単。(→設置コストの削減、工期の短縮)
  3. 全面コンクリート仕上げのため錆が生ぜず、保守が簡単。(保守費用の削減)(→保守費用の削減)
    ※コンクリート全外面をエポキシ樹脂系塗料でコーティング後、更に耐候性の優れたポリウレタン樹脂系塗料仕上げ。
  4. 火災・台風・地震・洪水のほか車両衝突、弾丸抵抗等、外部衝撃にも強い。
  5. 徹底的に油流出の可能性を排除した、環境問題に対応した構造。(油漏れモニター内蔵)
  6. 用途、敷地に応じた、各種サイズ取り揃え。
  7. 米国では1980年代から約30,000基の販売実績。クレームは高湿度テストその他皆無。
  8. 米国安全規格(Underwriters Laboratories=UL)第2085番(「二重殻構造により保護された地上設置式燃料タンク」)の認定を受けた、最も信頼できるタンク。
天災・事故に強いコンボルトタンクの実例 従来型のコンボルトタンクに比べて

非常用発電用設置事例

地震、台風、大雨、洪水などの自然災害などにより電力がストップした際、コンボルトタンクに貯蔵した燃料を発電機に送り、電力を作り出しています。
全国の公共施設やデータセンター、浄化センター、ポンプ場、排水機場、工場などで設置されています。
緊急時でも、機能を停止できないライフライン施設でも活躍しています。

2010年3月設置
2010年3月設置 沖縄県名護市 船舶給油取扱所用
浮上防止ワイヤー施工 (軽油:15kl-R型)
2013年2月設置
2013年2月設置 鹿児島県鹿児島市 非常用発電用
(A重油:2kl-R型)
2010年3月設置
2013年11月設置 北海道名寄市 非常用発電用
(A重油:8kl-R型)
2017年3月設置
2017年3月設置 高知県安芸郡東洋町 船舶給油取扱所用
 津波対策施工
(軽油:20kl-R型 A重油:30kl-R型)
2017年6月設置
2017年6月設置 千葉県成田市 自家用給油取扱所用
(軽油:12kl-R型)
2018年1月設置
2018年1月設置 沖縄県糸満市 船舶給油取扱所用
浮上防止ワイヤー施工
(軽油20kl-R型×1基 A重油40kl-R型×4基)